こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

森林について

群落の二酸化炭素フラックスを調べる方法として、近年では、群落上部の二酸化炭素勾配と三次元方向の風速を連続測定することで群落光合成を調べる門司・佐伯モデルが利用されている。この手法は、地形や林冠の複雑さの影響が小さいため、森林を調べるのに適している。

この文章の誤っている箇所を教えてほしいです。
お願いします!

投稿日時 - 2020-10-18 09:59:26

QNo.9812637

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

二酸化炭素勾配ではなく光環境の勾配です

投稿日時 - 2020-10-18 10:54:32

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2020-10-21 20:39:45

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)