こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

荒木村重の生き方と徳川慶喜

司馬遼太郎の小説に基づく質問です。
なお、司馬遼太郎の小説自体を評価しないのであれば、以下の質問とは関係なく、その理由などを挙げていただいてもかまいません。司馬遼太郎の小説に描かれていることが、事実かどうかは、私には分からないし、司馬史観も見直されていると聞いておりますので。
なお、4つの質問のどれか1つだけのご回答でも、日本史のほんの一端を学びたい私にはありがたいです。

1 下記の文章は、司馬遼太郎の「播磨灘物語」の一節です。

         記
「殺される」
という恐迫感が、村重の心を、ついには針のようにするどくした。村重にはもはや戦闘も戦略も考えるゆとりがなく、まして毛利氏の援軍云々などの大戦略は遠い夢になった。村重のいまの心はたしかに針のかたちをしてしまっている。何事も入るゆとりはなく、ただ殺されまいとする神経だけが、尖をするどくしている。村重は、常人でなくなってしまっていた。
 九月二日夜、掻き消えるように伊丹の城から落ちてしまったのである。
 重臣にも洩らさず、士卒も捨てた。また妻子や、多くの妾たちにも何もいわず、それらを置き去りにした。脱出のために、五、六人の従者だけを連れて出たが、まったく身一つといっていい。
 かれは、毛利圏へ逃げるつもりであったであろう。
                         (以上)

この一文で、私(質問者)は、荒木村重のその後が気になり、検索してみたのですが、なんと、WIKに「茶人として復活」とありました。大坂で茶人として復帰し、千利休らと親交をもった。しかも、利休十哲の一人だとか。驚きです。

質問1) 司馬の文章からは、荒木村重は、「卑怯・卑劣漢」のように描かれていますが、村重の人物像に近いと理解してもよいでしょうか???

質問2) 私(質問者)は、質問1で、荒木村重を「卑怯・卑劣漢」と表現しましたが、戦国時代では、妻子や部下を見捨てるくらいは卑怯・卑劣漢とは言わないのではないか???という疑問も生じました。どうでしょうか???

質問3)かりに、村重が、小説に描かれるような人物(=卑怯・卑劣漢のような)だったとして、戦国時代というのは、村重のような人物でも復活させるような時代(武将に寛容、あるいは男に寛容、あるいは男として評価される何らかの能力に寛容)だったと理解してもよいのでしょうか???

2 上記の司馬遼太郎の文章を読んでいて、どこかで似たような文章を読んだような気がして、しばらく考えたのですが、……そうだ、徳川慶喜公が似ていると思いだし、同じ司馬遼太郎の小説「最後の将軍」のページを「おしまい」の方からめくってみました。そして「あった」と思いました。下記はその一節です。

      記
慶喜はついに上段から立ちあがり、
 「承知した。出陣となれば即刻がよい。さればこれより打って立とう。みな、用意せよ」と叫んだ。満堂どよめき、歓声をあげ、慶喜が奥へひっこむと同時に出戦支度のためどっと室外へとびだし、持ち場持ち場にかけだした。慶喜は奥に入ると、すぐ容保、定敬、それに板倉勝静、さらには大目付や外国総奉行など八、九人を連れだした。みな平服であった。城内を駈けたが、混雑と夜陰のため、たれもそれが自分たちの主将であるとは気づかない。時刻は夜十時ごろである。城の後門からひそかに忍び出た。このとき城門の衛兵が、「たれか」と銃をかまえて誰何した。慶喜はすかさず、「御小姓の交代である」といった。才能というほかない。とっさにこの智恵が出るがために慶喜はひとから権詐奸謀のひとであるといわれるのであろう。ともあれ、慶喜は自軍のすべてをあざむいた。
(以上)

質問4)荒木村重と徳川慶喜は、生きた時代こそ違え、同類の人間として理解してもよいでしょうか???また、違うとすれば何が違うのでしょうか???

投稿日時 - 2020-09-16 18:00:18

QNo.9800180

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>質問1) 司馬の文章からは、荒木村重は、「卑怯・卑劣漢」のように描かれていますが、村重の人物像に近いと理解してもよいでしょうか???

 若干、村重には同情の余地はあるかと思います。

 村重が信長を裏切った理由は定説が確立しておりませんが、切欠となったのは家臣である中川清秀の家臣が石山本願寺への兵糧の横流して信長にそれが発覚した事です。
 しかも村重は当初信長に事情を説明して詫びる事で事態を収める心算でしたが、中川清秀等の家臣団が強固に反抗したとされています。
 →家臣を守る為に、苦渋の決断をした…。

 ついでに言うと村重が謀反を起こした際に、先の中川清秀は原因を作って謀反を即したくせに自分はちゃっかり信長に恭順しているんですよね…。

 村重としては家臣に不信感(あるいは家臣の為に自分の命をかける甲斐が無い)を思っていても仕方ないかと…。
 →村重の当時の家臣は、信長より附けられた与力や下克上でのし上がった結果による以前の主家の家臣や自分に反抗した者たちが多くを占めていたので、彼らに対する人情的愛着も薄かった…。

>質問2) 私(質問者)は、質問1で、荒木村重を「卑怯・卑劣漢」と表現しましたが、戦国時代では、妻子や部下を見捨てるくらいは卑怯・卑劣漢とは言わないのではないか???という疑問も生じました。どうでしょうか???

 そもそも戦国時代の常識として、君主は戦況不利な時には、自分を守る為に戦死した家臣の死骸を足蹴にしてでも後ろも振りかえらず逃走ずる事を求められていました。
 (君と臣との間で求められる物の最大の差とも言われた)

 →三国志で劉備が曹操から逃走する際に、家臣の犠牲は勿論の事、我が子すら投げ捨てて(まさに言葉とおりの行い)逃走してもカリスマが下がらないのが好例かと…。
 →自身の命を最優先で逃走なら織田信長も金ヶ崎の戦いでやってますし…。
 正直、家臣や妻子を犠牲にせずに生き延びた戦国大名を挙げる事の方が難しいのでは…。

 あと、家臣を生き延びさせる為に、主君が自ら全命を尽くすケースが確立したのは、少し後の「備中高松城の戦い」での清水宗治の自害です。
 (豊臣秀吉が天下取りを成功した最大の要因である中国大返しを成功した要素として、後世過剰なほど美談として語られた…。)

 それと信長が荒木一門を残忍に鏖にしたのは、捕らえられた村重の家臣(なおその荒木久左衛門(池田知正)は村重の元主)が主人を翻意させてきますと言って信長から解放させて貰った癖に、翻意に失敗したら自分だけ逃走したからです。
 → 信長の面子は丸潰れです…。
    → 別に説得に失敗しましたと謝れば済む話なのに…。

>質問3)かりに、村重が、小説に描かれるような人物(=卑怯・卑劣漢のような)だったとして、戦国時代というのは、村重のような人物でも復活させるような時代(武将に寛容、あるいは男に寛容、あるいは男として評価される何らかの能力に寛容)だったと理解してもよいのでしょうか???

 何度も謀反を翻意させようとした信長、後に召し抱えた秀吉、説得に来て捕らえられ獄中生活で歩行や騎行が不自由となったのに、書状等で確認する限り良好な関係を継続した黒田官兵衛など、当時のひとかどの武将には、謀反は家臣の意向を完全には無視できなかった村重の苦しい立場は理解されていたように見えます。

 後世の我々の評価および当時の事情を知らない者達の感情的な批判のみで判断するのは早計だと思います。

 因みに村重は、自らの名を道糞(道端あるいは逃亡した地の尾道の糞程度の価値しか無い男)とする程、自虐しております。
(自らの行いに何も思う所のない卑怯・卑劣漢ではない。)

>質問4)荒木村重と徳川慶喜は、生きた時代こそ違え、同類の人間として理解してもよいでしょうか???また、違うとすれば何が違うのでしょうか???

 結果的(村重が何故その判断をしたのかは現代でも不明)に家臣の意向に沿って信長に造反した村重と家臣の意向(徹底抗戦)を無視して江戸へ逃走した慶喜では、同じ逃走でもそのトリガーは全く違うと思います。

投稿日時 - 2020-09-19 13:56:24

お礼

ありがとうございました。
質問1) 若干、村重には同情の余地はあるかと思います。……村重を取り巻く事情が少し、わかりました。

質問2) そもそも戦国時代の常識として、君主は戦況不利な時には、自分を守る為に戦死した家臣の死骸を足蹴にしてでも後ろも振りかえらず逃走ずる事を求められていました。…… 確かに、「金ヶ崎の戦い」がそうでしたね。

三国志で劉備が曹操から逃走する際に、家臣の犠牲は勿論の事、我が子すら投げ捨てて(まさに言葉とおりの行い)逃走してもカリスマが下がらないのが好例かと…。……三国志にもありましたか。もう40年近くも以前のことですが、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」を上司から勧められて、いやいやながらに読んだことを想い出しました。(笑)この中にも、劉邦が項羽に追われて、子供を捨てた記述があったように記憶しています。これだけしか記憶にないのですが、子供は、また造れるからと、逃げる馬車から投げ捨てるのです。創作なのでしょうが、強く印象に残っています。これを読んだとき、大陸の人々と日本人とは、基本的にわかり合えないのではないか???という印象を持った記憶があります。

正直、家臣や妻子を犠牲にせずに生き延びた戦国大名を挙げる事の方が難しいのでは…。……日本史については素人ですが、「現代人の考えで、当時を判断してはいけない。」というのを心掛けるようにしています。

あと、家臣を生き延びさせる為に、主君が自ら全命を尽くすケースが確立したのは、少し後の「備中高松城の戦い」での清水宗治の自害です。……有岡城の戦いとは、そんなに時期的には離れていないですよね。それ故に、荒木村重の生き方が気になったということもあります。

それと信長が荒木一門を残忍に鏖にしたのは、……信長のやり方は、到底私の理解の及ばないところですが、ふと、そんなに昔にさかのぼらなくても、ナチスドイツのユダヤ人虐殺や広島と長崎の原爆投下など、もっと残忍な行為ではないか???と考えると、ついつい「人間とは、どこまで残忍になれるのか???」という疑問に当たってしまいます。

質問3)当時のひとかどの武将には、謀反は家臣の意向を完全には無視できなかった村重の苦しい立場は理解されていたように見えます。後世の我々の評価および当時の事情を知らない者達の感情的な批判のみで判断するのは早計だと思います。……自らの学びの浅さと、歴史の奥の深さに無力感を感じます。

質問4)「村重が何故その判断をしたのかは現代でも不明」ということであれば、知識のない者の先入観は取り除くことにします。それにしても「家臣の意向に沿って」と「家臣の意向を無視して」というのは言いえて妙という気がします。

投稿日時 - 2020-09-19 17:43:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

質問1) 卑怯・・・正確には臆病者ではないでしょうかね?
質問2) 城主は自分が切腹し城兵の命乞いをするものなので、卑怯者であってると思いますよ。城主が逃げたら当然再起を期すと見なされますので城兵一族を撫で切りにして草の根わけても探し出せとなりかねません。また本人も後に道糞と名乗っていますので恥じていると思われます。
質問3) 時代柄能力があれば何度でも取り立てられますし卑怯だからどうこうということはありません。武士道なるものが作られたのは江戸時代です。
質問4) 勝ち目がなくなったから逃げ出したのが荒木村重、戦えば勝てただろうに恭順したのが徳川慶喜、同じ部下を見捨てた主君といえども状況がぜんぜん違うので同類と見るべきではないと考えます。
慶喜恭順の理由は尊王説、日本の国力衰退を防いだ説、政治に嫌気がさした厭世説、いろいろありますが荒木村重のように単に命が惜しいというほど死が差し迫っているとは言えません。

投稿日時 - 2020-09-19 07:27:53

お礼

ありがとうございました。

質問1) 卑怯・・・正確には臆病者ではないでしょうかね?……「卑怯」と「臆病」は表裏一体の行動として現れるような気がします。

質問2) 城主は自分が切腹し城兵の命乞いをするものなので、卑怯者であってると思いますよ。……清水宗治がそうですよね。
また本人も後に道糞と名乗っていますので恥じていると思われます。……戦国武将の「恥」なんてこの程度のものなのか???という強い疑問がありました。

質問3) 武士道なるものが作られたのは江戸時代です。……山本常朝の「葉隠れ」というのは、やはり、戦国の武士の生き方から来ているのではないでしょうか???

質問4) 勝ち目がなくなったから逃げ出したのが荒木村重、戦えば勝てただろうに恭順したのが徳川慶喜、同じ部下を見捨てた主君といえども状況がぜんぜん違うので同類と見るべきではないと考えます。……たしかに。
慶喜恭順の理由は尊王説、日本の国力衰退を防いだ説、政治に嫌気がさした厭世説、いろいろありますが荒木村重のように単に命が惜しいというほど死が差し迫っているとは言えません。……慶喜公に「死が差し迫っていた」とは、私も思わないのですが、上記の理由は、あくまでも、明治になってからの「慶喜公を思いやっての言い訳」に過ぎないのではないかと考えています。

投稿日時 - 2020-09-19 17:38:48