こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

関係副詞のthatと副詞節のthat節

関係副詞のthatと副詞節のthat節は同じ物ですか?

投稿日時 - 2020-08-01 19:56:50

QNo.9780136

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「お礼」にお答えします。

>なぜ、上の文は関係副詞で副詞節なんでしょうか?
⇒この文は、意味を変えずに、次のような書き換えが可能です。
(1) The problem was the day when he should leave.
この場合のwhenは関係副詞で、先行詞はthe day「その日に」(名詞の副詞的用法)です。そして、when以下、つまりこのwhen節は副詞節です。
ということで、「上の文」ではこのwhenに代えてthatを使っているわけですから、このthatは関係副詞で、that以下、つまりこのthat節も副詞節となるわけです。

>下の文について leave on の後ろに前置詞の目的語が必要だからですよね?
⇒この文も、意味を変えずに、次のような書き換えが可能です。
(2) The problem was the day which he should leave on.
おっしゃるように、「leave on の後ろに前置詞の目的語が必要だから」このwhichは関係代名詞で、which以下、つまりこのwhich節は形容詞節となります。
ということで、「下の文」では、このwhichに代えてthatを使っているわけですから、このthatは関係代名詞で、that以下、つまりこのthat節は形容詞節となるわけです。

>文末が前置詞で終わっても形容詞節にならない文もありますか?
⇒例は多くないかも知れませんが、あり得ると思います。例えば、こんな場合です。
I remember well the house that/where I was brought up.
「私は、自分が育った家をよく覚えています」。

投稿日時 - 2020-08-03 12:42:32

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2020-08-04 19:09:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>関係副詞のthatと副詞節のthat節は同じ物ですか?
⇒そう言えると思います。なぜなら、例えば、
The problem was the day that he should leave.「問題は、彼が発つべき日であった」
のthatは関係副詞で、that以下つまり、このthat節は副詞節ですから。

ただし、同じ意味ですが、もし、
The problem was the day that he should leave on.
とonが入っていると、このthatは関係代名詞で、that以下つまり、that節は形容詞節となります。

投稿日時 - 2020-08-02 23:10:43

お礼

ありがとうございます
なぜ、上の文は関係副詞で副詞節なんでしょうか?



下の文について
leave on の後ろに前置詞の目的語が必要だからですよね?文末が前置詞で終わっても形容詞節にならない文もありますか?

投稿日時 - 2020-08-03 03:06:25