こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

最近の研究で動物でも光合成ができる可能性が!!

これが人間にも応用され実用かされれば
食費が抑えられますね。胸アツです!!
(・´з`・)

この技術の技術的な課題や
可能性についてアドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

動物でも光合成ができる可能性が。
血管に藻類を注入することで細胞に酸素を供給できることが判明(ドイツ研究)
11月8日(金)9時0分 カラパイア
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1108/kpa_191108_5454881612.html

最近の研究で、オタマジャクシの血管に生きた藻類を
注入すると細胞に酸素を供給してくれることが明らかになったのだ。

将来的には、脳に藻類を注入して酸素供給源として利用することで、
脳梗塞といった低酸素症によるダメージを治療できるようになるかもしれない。



血管に藍藻を注入されたオタマジャクシ。藍藻が血管を通って動き緑色を帯びている
image credit:S. OZUGUR, H. STRAKA

投稿日時 - 2019-11-08 22:34:07

QNo.9676669

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

面白い研究ですね。
ウミウシの中には盗葉緑体現象が知られていますし、クラゲやサンゴには褐虫藻と共生しているものも少なくありません。
ただし葉緑体に光を届けるために皮膚の色素は減らさなければならなくなるでしょう。結果、緑色の肌の人が、水を飲みながら日なたぼっこするようになるかも知れません。70億の人間が光合成すれば、二酸化炭素も減るでしょう。
昔読んだ新井素子さんのグリーンレクイエムの世界に夢が広がります。

投稿日時 - 2019-11-09 09:14:44

お礼

回答ありがとうございます。
共生細菌を使って可能であれば、チューブワームみたいな
エネルギー回路があれば硫黄とかから栄養素をとれますし、まぁ熱湯が必要かもしれませんが、
いろいろとエネルギーを取る仕組みが複数備わるとべんりかもしれませんね。

投稿日時 - 2019-11-13 21:25:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

草食動物は肉食動物と違って、タンパク質を食べなくても腸内細菌がアミノ酸を供給しているのではないでしょうか。共生というのは興味深い現象ですね。ミドリムシなどもその一例だったでしょうか。

投稿日時 - 2019-11-09 00:05:45

お礼

回答ありがとうございます。
80年間1食も食べていないインドの~
とかそういう人の特集をやったりしていて
そういう不食関係の本や情報サイトにのっていたりするんですが、

こういう人達の体は腸内細菌が最適化されていて栄養素を作っているという話です。

眉唾ですがこういうのを本当にだれでもできるようにもっと簡単に実装する仕組みとして
この光合成の話は可能性ありますかね?

実用かしたら楽しみです。(・´з`・)

投稿日時 - 2019-11-09 01:32:22