こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

-20℃マイナス20度に耐える寝袋を買いましたが、

-20℃マイナス20度に耐える寝袋を買いましたが、普段寝ている羽毛布団で寝た方が中が温かく寝れました。

なぜですか?

投稿日時 - 2019-02-11 21:42:49

QNo.9586932

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

耐えられる気温はパジャマで寝る温度じゃないですからね。
寝袋は携帯布団で、それなりの服装で寝ることが前提です。
快適な温度はもっと上のはずですよ。

投稿日時 - 2019-02-11 21:50:17

お礼

みんなありがとう

そうなんだ

投稿日時 - 2019-02-12 19:05:38

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

羽毛布団は、持ち運びなど考える必要がなく
とにかくあったかければいい。
据え置いて使うので、中身を詰め放題です。
中身が多いと暖かい。

寝袋は、温かく
なおかつ、なるたけ軽量・コンパクトにしないと
使ってもらえません。

大きさを比べると、圧倒的に羽毛布団のが
大きいです、重いです。
中身が多いですから。

投稿日時 - 2019-02-11 22:38:36

ANo.4

>なぜですか?

他にも回答がありますが・・・。
寝袋は「携帯布団」に過ぎないからです。
羽毛布団などは、内部の(身体の)熱(体温)を逃がさないで保温する効果が必要です。
が、寝袋は「外気を遮って、内部の温度(体温)を下げない効果」が必要なのです。
そもそも、寝袋を用いるときはパジャマ姿ではありませんよね。
防寒着を着たままで、寝袋に入ります。
要は、保温効果と温度を遮断する効果の違いです。
余談ですが・・・。
冷凍庫での作業用防寒コート。
着ていても、全く暖かくありません。^^;
反対に、冷凍庫に入っても作業用防寒コートに覆われた個所は(そんなに)寒くありません。

投稿日時 - 2019-02-11 22:04:59

ANo.3

 
たぶん、使い方を間違ってるのでしょうね。
寝袋はこの様に使う事を前提にされてます
 

投稿日時 - 2019-02-11 21:58:58

そんな寝袋が本当は無いからです。

投稿日時 - 2019-02-11 21:57:08