こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

DQNと云われる人の心理について

人権や法律という枠が無いと、感情のままに生きているのが人間であり。
未だ未成年で 中学時代等はスクールカーストの上位に居る人は
クラスメートでも 運動神経抜群で エネルギーが有り余っており、
傍若無人に振る舞っている様な者が集まっておりました。

が、社会はそう単純ではなく 「仕事をこなす」「試験に通る」等の事が
出来る人が認められていく事に成ります。
又、高校位になると、例えば進学校に行くと、スクールカースト等は影を
ひそめていき、大人しい人や鈍臭い人も非道をしないと特に弾かれることも
無い様な気がします

小学校時代はそれぞれがそれぞれで良いという感覚の者が多くクラスを構成していたので、酷い苛め等はありませんでした。
(家庭的にもそうあくせくしたりした様な処は少なかったと思います)
中学時代に何校か小学校が集まり、そこで出合った者の中に
「相手を威嚇しないと 馬鹿にされる」
「威圧 恫喝で相手を諦めさせる」という人物が居たのです。
彼等が所属するクラスや部活動等は担任や顧問は特に「暴力」や「上下関係
絶対服従」等を強いておりませんでしたが、
彼等はクラス 部活動でも喧嘩を繰り返し、「誰が上」と云う様な事にこだわって
おりました。
彼等の多くは中卒後就職した者が多かったのですが、
一人勉強は出来優秀でしたが、高校へ行き 同じ様な感覚で同級生に接して
かえって浮いてしまったそうです。

桜宮高校始め運動部や相撲部屋や野球選手の問題(体罰の是非より)
や職業でもこの様な人間が多く集まると特に暴力が必要なくとも、
暴力で制し、それについていけない者は「根性がない」という様な形になると
思います。
罰則としての体罰を超えて、この様な人種の者は
誰が強いかを決め、それで序列を造る、
PL学園の暴力事件が問題になりましたが、あのような環境で始めて感情がコントロールされ、刑事事件に発展しない処で抑えている、
結局開星の野々村直通氏もその様な生徒を扱い、野球に打ち込ませることで辛うじて、暴力で問題を起こさずに済んでいるという事だと思います。
しかし、特に暴れてみたい気はなく、非行の問題も起こさないけれども、
絶対服従は出来ないという人間をこの種の人間は嫌う傾向にあります。
彼等から中学時代「俺は喧嘩で勝ったから 俺に従え」「誰の言う事も基本的な事は
聞くが絶対服従できないのが気に入らない」「喧嘩で勝って、はじめて地位が得られる それをせずにのほほんと生きているのが気にいらない」という理由で因縁を付けられましたが、この様な人種は基本的に違うのでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-12 07:48:26

QNo.9557060

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

暴力や権力で他人を服従させようとする人間は哀れです...

私は「言葉」で元気がない人・悩んでいる人・悲しんでいる人・困っている人を救い少しでも笑顔にしたいです♪

投稿日時 - 2018-11-12 15:56:24

ANo.2

暴力も権力も大差ないってのは、良く分かります。

暴力で金取ることもあれば、理不尽な契約や法律の権力でお金取られることもありますからね。

それで国内で集めたお金を海外吸い取られていたりしますからね。

投稿日時 - 2018-11-12 12:07:41

ANo.1

暴力でも権力でも大差ないと思いますが。

力を持つとそれを使わずにはいられないのが人間で、優劣があれば優位に立ちたいと思うのが人間としては自然だと思います。

しかし、この中でも法律の範囲であれば問題にならず、その範囲をこえた場合にメディアで取り上げられるだけではないでしょうか。

違法であっても権力により責任追求から逃れる人もいるでしょうから、特に暴力に限ることではないと思います。

投稿日時 - 2018-11-12 09:50:57