こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

修士課程と博士前期課程の違い

修士課程と博士前期課程の違いは何でしょうか?

投稿日時 - 2014-02-02 19:47:23

QNo.8458468

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2010/02/16/1288658_2.pdf

文部科学省の見解

「 修士の教育目的について、博士課程前期の教育目的との区別が明確ではない(=それどころか設置基準上、博士前期課程は修士課程とみなす規定がある)」

「博士課程前期に関する教育目的が設置基準上明確ではない」

「一貫制博士課程の場合は、博士2年から3年に上がる際に修士論文等は課されていない。」


修士論文等が課されているのが修士課程ってことのようです。けど大学によっては博士課程前期を終了すると修士号を授与するところもあるとのこと。

投稿日時 - 2014-02-02 21:24:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

連続ですみません。違いが有ります。
博士前期課程の場合は必ず後期課程がありますが、修士課程と銘打っている場合、後期課程に当たる課程が無い場合があります。
つまり、その大学院では修士の学位までしか授与できない。

投稿日時 - 2014-02-02 20:32:57

ANo.1

特に無いと思います。
博士前期・後期課程と博士課程は大きく違いますが。
後者は一貫教育なので、中途退学した場合、修士の学位は授与されないのが一般的です。

投稿日時 - 2014-02-02 20:30:48