こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

河合塾のセンターパックの違い

センター試験予想問題パックとして
河合塾が出版しているものが

「センター試験対策問題パック」というのと
「Kパック」というのの2種類があったんですが何が違うのでしょうか。

また、駿台、Z会、旺文社などが1つずつ出していますが
どうして河合塾だけ2つ出しているのでしょうか。

昔、知人が河合のものを使ったらしく自分もやろうと思ったところ
複数あって困っています。教えてください!

投稿日時 - 2013-08-28 21:41:15

QNo.8239921

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

河合塾と駿台予備学校で数学を教えている者です。
数学に関しては、二つのセンターパックは問題が違うだけで難易度に差はつけていません。

「センター予想問題パック」は書店でも個人購入ができるのに対し、「Kパック」は学校などの団体購入のみです。
いずれも、全統マーク模試では使わなかった問題をセンター形式に編集し直したものです。(全統マークで使用した過去問は「センター実戦問題集(黒本)」として別に販売されています)

時間に余裕があれば、一つでも多くの問題に当たっておくことをおすすめ致します。センター試験は時間配分も大切ですので、場慣れも大きな要素のひとつです。今年のように例年と出題分野・傾向が変わることもありますので、いろいろな問題を経験しておいてください。

ご健闘を祈ります。

投稿日時 - 2013-08-29 12:45:12

お礼

ご回答ありがとうございます!

当方数学受験ではないのですが
他の課目も含めて基本的には
個人購入が出来るか否かという違いだけで
問題の難易度自体は変わらないということですね!

ありがとうございました。頑張ります!

投稿日時 - 2013-08-29 22:12:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)