こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

消毒用エタノールとマキロンの違い

消毒用エタノールとマキロンの成分は違うのでしょうか?
怪我をして傷付いて場合、
どちらを付けて消毒をしたほうがいいのでしょうか?

投稿日時 - 2012-01-12 07:37:52

QNo.7239611

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1の方が書かれているように、マキロンなどの消毒薬の主成分は
塩化ベンゼトニウムまたは塩化ベンザルコニウムというものです。
セッケンが陰イオンの界面活性剤であることに対し、これらは陽イオンの
界面活性剤であるので逆性セッケンとも言われ、殺菌作用があります。

時代劇などによくありますが、刀で切られたときなどは焼酎を吹きかけて
消毒しています。焼酎はエタノール濃度が20~50%くらいなのですが、
殺菌効果があります。消毒用エタノールは殺菌効果が最も高い80%に
調整して売られています。

消毒ためにはどちらを使ってもかまいません。
消毒用アルコールにより強い消毒・殺菌効果があります。
しかし、エタノールやオキシドールの消毒には激しい痛みがともなうので、
新しい消毒薬としてマキロンが生まれたのです。

ということで、根性があればエタノール、根性がなけれなマキロンを使ってください。

投稿日時 - 2012-01-12 10:28:46

お礼

根性ないです。。。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-12 22:28:38

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

マキロンは塩化ベンゼトニウムが主成分。エタノールではありません。
エタノールを傷口に塗ると大変なことになります。マキロンも使いません。
まずは流水で洗う。

http://homepage2.nifty.com/treknz/trauma.html

投稿日時 - 2012-01-12 08:26:29

お礼

別物なのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-12 22:26:18