こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

現在社会人をしていますが、一念発起してもう一度大学に行って心理学を学び

現在社会人をしていますが、一念発起してもう一度大学に行って心理学を学びたいと思っています。
英文学科卒業ですので、心理学については教養課程で学んだこと、自分の興味で読んだ書物から程度の知識しかありません。

自分としては、できれば大学を3年次から編入して行く行くは大学院に進みたいと思っていましたが、情報収集のつもりで説明を聞いた予備校(編入・大学院のための)では、大学院を勧められました。理由は、最近編入募集が縮小されていることと、大学院のほうが社会人には目指しやすいからとのこと。

元々大学院に行きたいとは思っていたので、大学院入学を目指しても良いのですが、心理学の専門教育を全く受けていない状態で、大学院でついていけるのかと大変不安です。自分としては、じっくりと学んで行きたいという希望なので、大学編入を目指したほうが良いのではと思います。ただ、自分はもう40歳という年齢的なものもあり、大学編入なんてのんびりしたことを言っていていいのだろうかという不安もあります。

心理学を学ぶにあたり、編入や大学院入学について、アドバイスをよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-05-01 20:17:15

QNo.5864667

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「将来、絶対、心理学者になって研究したい!」といった強い目標や意志があれば別ですが、
「心理学にちょっと興味あるから、勉強してみてもいいかな」くらいの気持ちでしたら、
心理系の学部・学科は、やめた方が良いかもしれません・・・。

心理カウンセラー系の資格で、一番知名度が高いのは、「臨床心理士」です。

しかし、「臨床心理士」を取得するには、

(1)大学の心理系の学科を卒業する。
(2)心理系の大学院へ2年通って、卒業する。
(3)カウンセラー助手として、1年以上働く。(卒業した大学院によっては、勤務経験が必要ない場合もあります)
(4)臨床心理士認定試験を受験し、合格する。

・・・という厳しい受験制限があり、
取得出来るまで、3年次編入後、最短でも4~5年かかります。

そこまで苦労して、
ようやく「臨床心理士」を取得しても、

・カウンセラーの仕事が見つからない。
・待望のカウンセラーの仕事がようやく見つかったが、週1回4時間しか出番がない。

・・・といった理由で、
コンビニや100円ショップなどのバイトを2~3つかけもちして、
どうにかこうにか暮らしている。
・・・といったケースも多いようです。

今でも、心理系の大学院を卒業した、カウンセラー志望者が
仕事がなく、たくさん余っている状態です。

そのため、やむをえず、
一般企業の事務員など、
カウンセラーとは何の関係もない職業を選ぶ人も多いです。

参考URL:http://www.uce.or.jp/info.html

投稿日時 - 2010-05-02 02:35:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
心理系の学校を出ても、心理学を生かした職業に就くのは大変難しいようですね。ただ単に興味があるだけではモチベーションが保てないということでしょうか…。心理学系の学部・学科は「臨床心理士」になるための「資格取得予備校」になってしまっているので、純粋に学問として学びたいと思っても不満足な結果になってしまうということでしょうか…。今のところ就職云々までは考えていませんが、ゴールがあったほうがモチベーションを保つことはできるでしょうね。今一度、自分が心理学を学ぶことによってどうなりたいのかということも自分の中で再確認したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-02 14:07:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

NO.3の書き込みをした者です。

>心理学系の学部・学科は「臨床心理士」になるための「資格取得予備校」になってしまっているので、純粋に学問として学びたいと思っても不満足な結果になってしまうということでしょうか…。

もちろん、心理学を学問として深く学ぶことが出来ます。

>ただ単に興味があるだけではモチベーションが保てないということでしょうか…。

今のところ、心理カウンセラーの求人募集がとても少ないです。

そのため、大学や大学院の心理系の学科を卒業して、「臨床心理士」を取得したけれど、収入としてはいかせない。

・・・となってしまう可能性が考えられます。

卒業後は、専業主婦として、日常生活の中で、心理学の知識をいかす
というのであれば、それはそれで良いと思います。

投稿日時 - 2010-05-02 16:30:02

お礼

重ねてのご回答本当にありがとうございます。
大学・大学院で心理学を学問として取り組めると聞き安心しました。一重に学ぶ側の姿勢の問題でもありますね。短絡的に考えて発言してしまい、申し訳ありませんでした。

心理カウンセラーの職はとても少ないということは、日本では職業としてのカウンセラーの地位が確立されていないというのも原因のようにも思えます。しかし、専門職として心理学を生かすだけでなく、日常の仕事や生活で心理学を生かす場面は無限にあるように思います。私自身、もし学んだ心理学を生かすのであれば、後者を模索したいと考えています。とても漠然としたものではありますが…。

「臨床心理士」の現状について教えてくださいまして、ありがとうございました。日常生活の中で接する機会の少ない職業なので、参考になりました。

投稿日時 - 2010-05-02 16:50:30

ANo.2

何を学ぶにも遅いことなどないですし、やりたいことがあることはとても幸せなことです。多くの人は生活できるかとか、就職にどうかとかそんなことを重視しますが、興味のあることを勉強することほど幸せなことはありません。
学部で学んだことは関係ないし仮に学んだことがあるとしても20年も前のことでしょう?もし大学でとった単位がどうのというなら英文科出身ならアメリカの大学院に留学したらいい。もちろん費用はかかりますが、アメリカの大学院なら日本みたいに年齢など関係ないし、能力を認められれば職も得られます。

研究学問の心理学ではなく臨床心理士を目指すなら日本の大学院がよいでしょう。待遇はよくはないですが、カウンセラーとして独立もできます。

是非頑張ってください。

投稿日時 - 2010-05-01 21:26:46

お礼

ご回答ありがとうございます。大変励まされました。
現在生活が安定しているという(もちろん贅沢はできませんが)恵まれた環境で自分自身のステップアップを図れるということにとても感謝しています。

アドバイス頂いたアメリカの大学院は、実現できたら本当に夢のようです!しかし、それこそ心理学を専門に学んだことのない自分がいきなり本場のアメリカの大学院へと思うと躊躇してしまいます。しかも家族のことを考えると簡単には行きません。現実的に考えれば、日本の大学・大学院でとの選択になってしまいます。

今はまだ希望だけで頭がいっぱいの状態ですが、これからもっと現実的な問題に直面するでしょうね…。その時は今の気持ちを忘れないよう対処していきたいと思います。

ご回答そして励ましをありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 22:13:32

ANo.1

こんにちは。

今の仕事を続けながらの、通信制などを活用した大学院入学であれば大変素晴らしいと思います。多少の時間はかかるかもしれませんが、チャレンジする価値はあると思います。もしもそうであれば、私は大賛成です。ぜひ頑張っていただきたいと思います。以下を読む必要は全くございません。

それでは。





もしもそうではないのならば、、、


まさかとは思いますが、仕事を捨てて学生に戻るというのであれば、事情は180度違います。

現実的な話をしましょう。今40。この秋に修士に入って無事修了して二年後の秋に42。就職はどうしますか? アカデミックに残る? 修士修了という足りなさすぎる学歴で? あと3年かかって学位をとったとしましょう。45歳。いやがんばって二年で学位を取った。44歳。アカデミックのポストはありますか? 45だったら、普通は教授の募集に応募するような年齢ですよね? ええ、助教→准教授と上がって来た経歴ばっちりの研究者たちが応募するべきポストです。学位を取ったばかりで手が届くはずがありません。准教授も同様です。40過ぎで助教? そんな話あるはずがありません(笑)。学位を取ったからって仕事があると思ったら大間違いです。40はおろか、30過ぎで学位を取った者でさえ、高齢がネックとなって就職の障壁となる時代です。学位を取った者なんて掃いて捨てるほどいるんです。

修士で心理学を学んだ経験を、社会でどのように使って貢献していくつもりですか? 心理学でお金を稼げるんですか? 夢は夢です。夢を現実逃避の道具に使おうと考えるのは誰でもありがちなことですが、それを実行する時点で人生が終了するんですよ。

投稿日時 - 2010-05-01 20:38:03

お礼

早速の回答をありがとうございます。自分の知らない大変現実的なお話をしていただいて大変ありがたく読ませて頂きました。確かにこの年で新しい学問に取り組むということは「夢」のようなことかもしれません。現在自分の職業は所謂「専業主婦」です。家族の事情で、ずっと頑張ってきた仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。大変落ち込みましたが、これを好機と捉え、ずっと興味を持っていた分野を学びたいと思った次第です。

「主婦」も立派な職業です。もちろんこの職業を手放してまで、大学に行こうとは思っていません。通信制の大学も視野に入れることもできますね。チャレンジする気持ちはいつも忘れないでいたいと思います。心理学を学んだ後、どのように社会で貢献できるかは今後の課題かもしれません。社会の一構成員として自分自身の質を上げることもひとつの貢献だと思っていたのですが、もっと具体的に考えるべきかもしれません。色々考えるきっかけを与えて下さって、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 21:41:45