こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

いろんな方の名言の意味を教えてください!

今、勉強で名言を調べています。

ですが、名言の詳しい意味が分かりません;


分かる方がいれば、回答おねがいします^^



ロバート・ブラウニング
「すべて、恋愛は多少たりとも人を賢くする」



「どんなことにも、絶望するより希望を持つほうがよい。可能なものの限界を測ることは誰にもできないのだから」




辰吉丈`一郎
「残り1%の希望があれば立っていられる。まだもっと闘いたい。チャンスがあるんじゃないか、と」


J・P・モルガン
「どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない。」

ウォルト・ディズニー
「成功させる方法は一つしかないとわかっていた。当たって砕けろ、とにかくやれ、ということだ。



たくさんありますが、よろしくおねがいしますっ

投稿日時 - 2012-01-12 21:27:24

QNo.7240832

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ロバート・ブラウニング
「すべて、恋愛は多少たりとも人を賢くする」

【何事も経験が大事。傍観者でいるより主体者であれ】

「どんなことにも、絶望するより希望を持つほうがよい。可能なものの限界を測ることは誰にもできないのだから」

【人間の可能性は無限大だ。故に何でも出来る】

辰吉丈`一郎
「残り1%の希望があれば立っていられる。まだもっと闘いたい。チャンスがあるんじゃないか、と」

【生きている限り希望は常にあるのだ】

J・P・モルガン
「どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない。」

【人生は終わりの無い階段を登るが如し】

ウォルト・ディズニー
「成功させる方法は一つしかないとわかっていた。当たって砕けろ、とにかくやれ、ということだ。

【屁理屈や批評は糞の役にも立たない】

投稿日時 - 2012-01-12 21:43:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

47人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

名言と言われるものの多くは、おそらく断定的でも狭い意味でもなく、一見ヒネってる風でどうとでも捉えられるからこそ、「明言」で在れるのだと思います。

なので自分の解釈でいかせて頂きます。


 >「すべて、恋愛は多少たりとも人を賢くする」
恋愛とは、おそらく人間が持ち得る、もっとも熱いパッション(情熱)を秘めているものの1つだと思います。
情熱は、行動動機(モチベーション)に繋がり、精神的な改革、あるいは様々な発見に繋がります。つまり、その人にとっての大きな経験になるということです。経験とはまさしく成長であり、成長とは「賢くなる」ということそのものです。


 >「どんなことにも、絶望するより希望を持つほうがよい。可能なものの限界を測ることは誰にもできないのだから」
これは聞くまでもなくそのまんまの意味だと思いますが、その意味がわからないというならおそらく後半部分でしょう。
これは簡単に言うと「可能性に限界は無い」、つまり「一見希望なんて無いと思えても、希望を持つ為の道は、実は探せばいくらでもある」というような意味ではないでしょうか。


 >「残り1%の希望があれば立っていられる。まだもっと闘いたい。チャンスがあるんじゃないか、と」
こちらも割とそのまんまですね。
「闘う」とは「何かの目的・信念の為に動く」ということの言い換えだと考えてください。つまり、「少しでも情熱と望みが残っているなら、自分の目的としていることや信念を、私は諦めない。」ということでしょう。


 >「どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない。」
これはなかなか奥ゆかしい言い方ですが、言っていることは至ってシンプルです。
「何か大きな目的を達成したい時には、それまで持っていた固定概念や常識、長年自分が培ってきた大事なもの(知識や経験や幸せ)・・・等を捨てることも必要」という意味ではないでしょうか。同じ考えやスタンスに凝り固まっていては、見えてこないことや生み出せないこともありますから。
あるいは、「人は何かを得ようとする時、一方で捨てなければならないものが必ずある」という意味も含まれていると思います。
色んな意味が同時に見えてくるので、なかなかいい言葉だと思います。


 >「成功させる方法は一つしかないとわかっていた。当たって砕けろ、とにかくやれ、ということだ。

これがわからないというのは一体どういう意図でしょう・・
「失敗を恐れず、どんどん行動しない限り、成功はあり得ない」。要するに「行動あるのみ」という、一般によく聞くあれですね。

投稿日時 - 2012-01-12 22:31:00