こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

研究職の実態

こんにちは。私は現在理系の国立大学3年の者です。カテ違いだったら申し訳ありません。
将来のことで真剣に悩んでいるので皆さんの意見を頂きたく投稿しました。
私は製薬企業の研究職を希望しているので大学院は旧帝大か東工大の院への進学を考えていました。
しかしこのサイトで調べてみると『研究職は長くても5年から10年ぐらいしか続かなく、企業もコストがかかるので、その間に実績が出なければ即リストラ』との意見がありました。
そこで質問なのですが、製薬業界に限らずでもよろしいので、『研究職』の実態を教えて頂きたいのです。

具体的には、
・『本当にリストラされやすいのか』
・また本当にそうなら、『リストラされたあとはどんな職種に就けるのか』
・私は研究室は有機合成を専攻希望なのですが、『万が一リストラされた場合食いっぱぐれることがあるのか』
などです。
今の時点からリストラされることを考えてどうする、などの意見もあるでしょうがそれに関してはご勘弁ください。
また、上記の例に限らず、研究職についての実態を教えて頂ければ幸いです。
ご不明な点がございましたら補足説明致しますので、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-09-06 13:18:48

QNo.4307837

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

製薬企業の研究職として実際に勤務している者です。
まず、あなたの考える「研究職」とは一体どういうものでしょう?
実験をしていれば研究職だとお考えでしょうか?
実験をしていなければ研究職では無いのでしょうか?

これは企業に限らず大学でもそうですが、上の立場になるほど、
実験や研究を自ら行うことは無く、研究室のマネージメントが
主な業務となってきます。あなたのラボでは教授が実験していますか?
そういうラボもあるかもしれませんが、普通はしていないはずです。
私の出身ラボでは、助教授(准教授)でさえ実験はしていませんでした。

大学でも実験や研究を主体的に行うのはポスドク~せいぜい助手(助教)
ぐらいまでではないでしょうか。せいぜい30代前半ぐらいまでです。
それ以上になると、自分で実験・研究を行うのではなく、
部下の実験・研究を俯瞰的にコントロールするのが仕事になります。
教授や助教授は、研究は行っているが実験はしていない例です。

よく新聞で「○○教授は××を発見した」などと報道されますが、
実際に発見したのはポスドクや院生なわけです。教授は一切その
研究に関与していなかったということも珍しくありません。
そういう場合は、研究も実験も行っていないが、
研究をしたことになる例、と言うべきかもしれません。

また、実験だけを行うテクニシャン(実験助手)という職種もあります。
大学でも資金のあるラボなら雇っているかと思いますが、
テクニシャンは研究職でしょうか? 違いますよね?
これは、実験を行ってはいるが、研究はしていない例だと思います。

企業でも大学と同じで、若手と管理職に求められる業務は違っていて、
若手が手を動かさなければならないのに対して、管理職は、
全体をマネジメントする能力が問われるのです。もし、ずっと
手を動かしていたいのであれば、そうすることもできますが、
それは歳を取ってもポスドクやテクニシャンをしているのと同じです。

ただ、企業と大学が違うのは、企業には研究に関わるポストだけでなく、
他にも様々なポストがあるということです。大学でも、ポスドクや院生が
皆、そのラボの管理職(助手以上としておきましょうか)に
なれるわけではないでしょう? 大学の場合、他にアカポスを求めて
巣立っていくはずです。企業の場合、研究職としての管理職に
なれなかった場合は、他の会社に研究職としての雇用を求めて転職する
場合もありますが、大抵はそのままの会社に残り他のポストに就きます。
ですので、研究職でなくなったら即リストラということは
ありませんのでご安心を。
(少なくとも内資は。外資ではあるでしょうね・・・某P社とか)

で、実際に手を動かすという意味での研究職(非テクニシャン)は、
大学と同じで30代半ばぐらいまでではないでしょうか。
そういう意味で、5-10年というのであれば合ってるかと思います。

私も入る前は「成果が出なければ即リストラ」などという噂を聞いて、
びくびくしていましたが、入ってみればそんなことはありません。
特に昔はテクニシャンも研究職も、同じ研究職扱いで
一緒に採用していましたが、それでは人件費がかかるので、
近年は研究職だけを厳選して採用する傾向にあると思います。

ただし研究職といえど企業にいる限りは、企業の一員です。
ずっとあなたのやりたいことができる保証はありません。それに
拘らなければ基本的に雇用は安定していると思いますよ。

投稿日時 - 2008-09-07 21:46:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>『本当にリストラされやすいのか』

個人単位でのリストラは少ないと思います。ただし、組織単位でリストラされる可能性は非常に高いです。以下は最近の研究所閉鎖事例ですね。
・バイエル:神戸
・GSK:筑波
・ファイザー:名古屋
・ノバルティス:筑波

また、タケダも研究所の統合予定です。


>また本当にそうなら、『リストラされたあとはどんな職種に就けるのか』

同じ会社内での異動だと、一番近いのは開発でしょうか。でもポストがあいていないと厳しいので、同業他社へ移られる方が多いようです。(しかし、他社も研究所閉鎖傾向なので厳しそうですが)


正直、今の日本の製薬会社の環境においてR&Dは厳しいと思います。
候補化合物は世界中のどこで見つけても同じで高価なコンピュータ等が必要なのでセンタライズされる傾向です。上記の研究所撤退例などがまさにそうです。そして、英語が苦手とかいう日本の研究者が存在する時点で大きなハンデです。また、今、製薬会社に必要とされているバイオケミカル分野では中国などの方が整っていたりします。
そして、開発もなるべく人員を減らしてアウトソースする方向に向かっています。

この分野の生き残りは大変だと思います。ただ、逆に自分が日本で生き残ることなど考えずに海外に出るくらいのつもりならいいのかもしれません。

投稿日時 - 2008-09-07 21:38:06

お礼

回答ありがとうございます。あの武田薬品工業ですら研究所を統合するのですか。利益率はトップクラスだと聞いていたのですが…。

貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-08 13:44:27

ANo.3

某メーカーで開発の仕事をしています。

成果を残せなければ出世はしませんが、リストラされることは無いと思います。
むしろ、やりたいことができないから・・・という理由で転職する人はいますよ。
仮にリストラ(転職)された場合、基本的には同じ業界に入ると思います。
それしか、経験は無いわけですから。

また、一つ気になる点があるのですが・・・院を大学名で選んでいませんか?
大学院って学校名で選んでもあまり意味は無いですよ。
どんな研究したかが大事です。
製薬関係ならば、製薬関係に関する研究室を選ばないと採用されにくいはずです。
そこのところをもう一度考え直してはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-07 01:43:18

お礼

回答ありがとうございました。
製薬業界の研究職に就くには旧帝大クラスの院卒でなければならないと言う意見が多かったもので。

研究開発の方のご意見、大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-07 08:28:47

某化学系上場企業の研究所にいたことがあります。
あるとき、その研究所の年齢構成を知ることがあったのですが、見事なピラミッド型でした。
つまり、なんらかの実績を残せていないと、そこに居続けることはできない。
また、特に仕事をしていないように見える主席研究員がいました。
その方の担当していた仕事は、自社では事業化できず、他の会社に売却されてしまっていました。そしてあるときに、全然縁もゆかりも、仕事上の関連もなさそうなところに"出向"になりました。
リストラといえばそうですが、働き続けられる道は提供してくれたようです。
主席まで出世、あるいは年齢がいってしまうと処遇に困るのでしょうね。
そこまでいかなくても、若手から中堅に変わるあたりで、社内での異動(製造や販売など)はあるでしょう。
製薬なら、製造、販売のほかに、開発(厚生労働省への申請など)とか、研究所内でも分析(目的どおりのものが合成されたか調べる)とか、様々な子会社があるでしょう。
いきなりクビはないと思います(外資は別)。

投稿日時 - 2008-09-06 15:35:29

お礼

回答ありがとうございました。

内部の話は参考になりました。やはり実績がなければいつまでも研究職に居続けることはできないのですね。
でもそんなことはどの業界でも当たり前ですよね。会社の方が喉から手が出る程欲しがるような実力を伴えるよう努力しようと思います。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-07 08:36:51

ANo.1

製薬業界に関係のある30代ですが、
・『本当にリストラされやすいのか』
今のところ、研究職でリストラされた人は見たことがありません。
研究補助職では首になった人を2人くらい見たことがあります。

・『リストラされたあとはどんな職種に就けるのか』
警備員の仕事はあると思います。
きっとコンビニなどでも働けるでしょう

・『万が一リストラされた場合食いっぱぐれることがあるのか』
無いと考える根拠は無いでしょう。

投稿日時 - 2008-09-06 14:47:48

お礼

回答ありがとうございます。
シビアですね。今のうちから努力しようと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-07 08:39:08