こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

野菜嫌いで学校給食がつらいという娘・・

6歳で小学校1年生の娘のことなのですが、生野菜がだめで火が通っているものは喜んで食べるのでそれで栄養もとれてるし・・と思っていたのですが、小学校に入学して給食が始まると『○○サラダ』とか出ることが多くて、食べれなくて困ってるようなのです。
給食にサラダがある日は学校に行くのいやだなあとまで言うようになりました。
担任の先生の対応も少し気になるのですが、今日残した人は明日の給食でおかわりできないから・・と言うらしいのです。次の日が大好きなカレーで他の友達がおかわりできてても徹底して「昨日サラダ食べれなかった(チャイムがなるまでに食べれていなくても駄目みたいです)から駄目だよ」と言われるらしく甘いかもしれませんが少し可哀想な気がします。
食べれるようになるようの家庭でも工夫しているのですがマヨネーズでもドレッシングでも駄目です。
喉に通らないようで「おえ」ってえずいてる時もあります。何かよい方法はありませんか?

投稿日時 - 2005-07-16 09:47:01

QNo.1516865

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 担任の対応の仕方でどうとでもなる問題ですね。
「食べなきゃいけない」を「出来るだけ努力する」に変えるだけでぐっと給食が好きになったりするのに。

 我が娘がそうです。好き嫌いが多いので(しかも食べる量が少ない)心配したのですが、「一口だけチャレンジしてみる」をテーマに就学前から頑張りました。きっかけは「ジャム付きパンとフランシス」という絵本なのですが。それから苦手なものも皿に盛りつけて必ず一口は食べてみる事をやり続けたら現在はほぼ給食は完食状態らしいです。もっともアレルギー反応の出る食品は報告済なので、担任も気にかけてくれています。メロンが出たときに「食べちゃいけない」事を報告したら「本当ですか!」と連絡がきて「マジ食べさせないで下さい。」とお願いしたら「じゃあ遠慮なく他の生徒に回しますね」と言ってくれました^^;

 現在生野菜を食べるよりも温野菜の方が身体に良いと言われているのにね。給食も考えて欲しいものですが、生野菜は美味しいので是非チャレンジして欲しいですよね。とにかく「一口」を目標に家庭でもやってみましょうよ。生野菜は青臭くてイヤだという子どももいますよね。うちの子が食べてくれたドレッシングはチーズのヤツです。クリームチーズにハーブが混ざったヤツで良くサウザーサラダとかで商品になっているかな。仕上げにパルメザンチーズをかけるのですが、試してみませんか?チーズは大丈夫かな。

 それから他の保護者とも連絡して「給食の残しについて」を話し合う機会を設けたら良いと思いますよ。翌日のお代わり禁止も大人げないけれど、教育現場では笑っていられない事なのかもしれません。甘い気もしないでもないけれど、時にはおだててときには嚇してでも食生活は小さい頃にきちんとしないといけないと思いますよね。

投稿日時 - 2005-07-16 10:25:40

お礼

1学期の当初は嫌いなものは減らして自分が食べれる量だけ決めて残さず食べようという方針だったんです。その頃はうちの子も「少し食べれた」って笑顔で帰ってきていたんですね。私もみんなと食べれば少しずつ食べれるがんばって!って応援していたのですが、給食を減らす子が多いみたいで、ある日から急に厳しくなったみたいですね。
1学期の学級懇談会の時は問題に出来なかったのですが、(下校のことで大きな問題が起こっていて・・)2学期は是非学級懇談会で話合ってみようと思います。

投稿日時 - 2005-07-22 17:01:43

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

普段は過保護で通っている私ですが、この件に関しては、かわいそうでも
学校側に行動をおこさず、見守る側に徹すると思います。

担任の先生のこの方法は、残した子を罰するためではなくて、全部を食べた
子にご褒美、という意味合いの方が強いと感じました。

がんばれば良い事があるというのは、とてもわかりやすい教育の方法だと
思います。

ご自宅で好き嫌いを克服するように努力されているのですから、その努力が
報われるようにご自宅でフォローされるのが良いと思います。

サラダが苦手という事でしたら、塩揉み野菜のような形ではいかがでしょうか???
小さく刻んだコールスローとか、逆に短冊に切ったスティック野菜なども
葉物の野菜より食べやすいかもしれませんね。また、お好みのドレッシングを
探せると良いですね。

お子さん、いつもいつも残しておかわりが出来ない、という事でもない
のではないですか??? 他のお子さんも、他のメニューでは残してしまう
という事もあるのではないかと思います。

私の子になら、『給食に限らず、苦手な教科などはあるものです。みんな
苦手があるけど、がんばって学校に行っているよ。』と言って励ますと
思います。

投稿日時 - 2005-07-17 08:08:29

お礼

確かにうちの子だけじゃなく他の子も同じように嫌いな給食の時は同じ思いをしているんですね。
夏休みに少しでも食べれるようにがんばってみます。

投稿日時 - 2005-07-20 18:44:46

ANo.17

人はなぜ歩けるようになるのか、、それは、周りから期待されて、誉められて、喜ばれてるからだと言った人がいます。1歳になっても歩かないからといって、叱ったり叩いたりする人はいませんよね。言葉が出るのが遅いからと言って叩かれたりする子はいませんね。

 小学校一年生です。いずれ食べられるようになります。これから先、かならず少しずつ食べられるようになります。少しづつ食べられるようになったことを周りが喜んであげるか、食べられないことを叱責するか、、どちらが早く食べられるようになるでしょう。どちらがどのような心理的な影響を与えることができるでしょうか。
 いずれは食べられるようになるのですが、叱責された経験があると、この子がもし将来教師になったときには、また食べられない子を叱責したり、心理的なプレッシャを親子に与えるような人になるでしょう。

 子育てや小児虐待は世代間伝達するという面でも考えたいテーマです。

投稿日時 - 2005-07-17 01:12:00

お礼

よくわかります。私も食べれないからって責めたりした経験はありません。食事は楽しく・・がモットーだったのですが・・。夏休みに少しでも食べれるようにがんばろうと思っているので食べれた時は誉めてあげるようにします。

投稿日時 - 2005-07-20 18:47:47

ANo.16

こんにちは

正直甘ったるい話だと思いました。
私も子供のころは偏食がすごく
おかげでがりがりでした。
見かねた先生が鬼のように食べさせてくれたおかげで
なんとか、偏食は治りました。

たしかに、ペナルティというものは
子供のときはいやだなぁ
学校行きたくないなぁ
と思うかもしれません。

しかし、学校は一人一人特別扱いするわけには行かないと思います。
質問者様のお子様以外の中にも
サラダ嫌いとかカレー嫌いとかさかな嫌いとか
いろんなこともがいると思います。
それを、家では栄養とっているから
という理由で個人的なサービスは受けさせられません
他の子供達は
がんばって嫌いなものを食べていると思います

あと、子供さんにご飯を残すことが
どれだけ作ってくれた人に悲しい思いをさせるのか
言って聞かせましたか?
どうしても食べれない(アレルギー等)なら
ともかく、嫌いという理由で出されたものを
食べないという習慣を
子供のころからつけるのはよくないと思います。

毎日生野菜をだして夏休みの間に
少しでも食べれるようにしてあげてください。
一生ママのご飯だけしか
食べる生活を送らせるわけではないでしょう?

ご参考までに

投稿日時 - 2005-07-16 16:40:57

お礼

アドバイスありがとうございます。確かに甘い親かもしれませんね。でも食べれないものを毎日食卓に出されて食事することが楽しくなくなることはないでしょうか?子どもを追い込むようで私はいやです。

投稿日時 - 2005-07-20 18:51:36

ANo.15

小学校教師です。

私も「嫌いだから」というだけで給食を残すのは賛成できないのですが、
その担任の先生の対応にも賛成できません。

私だったら嫌いなものでも「これくらいなら食べられる」という量を
自分で申告できる子であればばいいなぁ、と考えています。
そして、申告した分はきちんと食べきること。
「たくさんがんばらなくてもいいから、『ちょっとだけ』がんばる小学生」を目指してほしいですね。

担任の先生に相談してみるべきだと思いますよ。
あ、もちろんアレルギーについてもよく考えてみてくださいね!

投稿日時 - 2005-07-16 13:15:56

お礼

ありがとうございます。私も食べれないことを食べれないから仕方ないって言ってるのじゃなくて、やっぱり少しは食べてほしい気持ちもあります。そういう風に子どものやる気をうまく導いてくれる先生に受け持ってほしかったです。もう夏休みなので2学期に様子をみて相談してみようと思います。

投稿日時 - 2005-07-20 18:55:55

ANo.14

私も野菜(特に生野菜)がダメでした。
今でも、好きではないですが
大人になって、健康のことなども考えて
少しは食べるようにしています。

その先生のやり方は、子供の心にくらい思い出を残すだけでしょう
キチンと先生と話をしてみられた方がいいと思います。

私も、今でも覚えていますが
小学校一年生の時に
「サラダを食べ終わるまで帰しません」、
と、
(普通なら給食を食べて掃除をしたら帰るから
1時半くらいには帰宅するのに、
掃除時間も帰りの会の時も
一人だけ机の上に給食が置いてある状況で )
4時を過ぎて、親が心配して迎えに来るまで
残されたこともありました。
そんなただ食べなさい、食べなさいと強制するだけの
先生もいたし、
自分の口内炎を見せて
「野菜を食べてキチンと栄養をとらないと
こういうのができて、痛いしたいへんなんだよ
だから、少しずつでも食べようね」
と、言ってくれた先生もいました。

食べられないものを無理矢理食べさせなくても
大きくなれば少しずつは食べられるようになるし
今、嫌いな生野菜が食べられるようになっても
好きになるわけでもないと思うので
栄養のこととか、健康のことを
大きくなるに従って
分かりやすく少しずつ説明していって
少しずつでも食べるようにしていけばいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-16 12:48:32

お礼

私も同じような経験があります。鯨とか食べれなくて掃除してホコリだらけの中1人いつまでも鯨肉とにらめっこでしたね。でもそれは昔の話で、最近はそんなに無理強いしないって思ってたのですが、同じ学年でも担任によってかなり違うって事がわかりました。
子どもには野菜のこと栄養のこと説明してみました。

投稿日時 - 2005-07-20 19:00:25

ANo.13

もし質問者さんのところが違ったら、聞き流していただいてかまわないのですが、私のところの給食はサラダでも何でも必ず火を通してあります。
衛生面を考えてのことだそうです。給食の試食会に行ったときに聞きました。
子どもに確認しましたら、レタスなど生野菜だけののサラダは出ないそうです。サラダといっても、必ず火を通して調理したものしか出ていません。

もしそちらの地域もそうでしたら、お嬢さんに「生に見えるけど違うんだよ、ちゃーんと火が通ってるよ」と教えてあげたら、気の持ちようで食べられるようになるかもしれませんよ。

先生の対応は確かにちょっとかわいそうですね。翌日まで引きずったって何もいいこと無いと思うのですけどね。
今は昔のようにとにかく食べなさい!という形はあまりとらないはずなんですけど、やはりいろいろなんですね。
うちの子の学校は食べられそうに無いものは、手をつける前のきれいなうちに、容器に戻すそうです。もちろん全部はダメで、少しは食べるように言われるようですが。

うちの下の子は食べるのが遅くて、お替りが出来なくてよくしょげていたので先生に「早い者勝ちのお替りはやめてもらえませんか?」と連絡帳に書いたら、きちんと対応してくださいました。

罰のような事をする先生にも問題はありますが、やはり、給食で出されるものは栄養などもきちんと考えてあるので、質問者さんの方で、自分なりの妥協点を見つけて、先生にお願いしてみてはどうでしょう。(量を半分くらいに下もらうとかね)

お子さんを上手に応援してあげてください。学校がつまらなくならないように。

投稿日時 - 2005-07-16 12:29:13

お礼

丁寧な返事ありがとうございます。調べてみたのですが、やっぱり地区によって違うのか生野菜も出ているという事でした。フレンチサラダ、コールスローサラダなどは生のようです。あとサンドウィッチとかも生野菜をはさんでいるものもあるようです。
2学期になったら少し担任の先生と話をして量を減らしてもらえるのか聞いてみます。

投稿日時 - 2005-07-20 19:04:40

ANo.12

野菜類は何とか食べれるようにしないと年を取ると食べれるようになるものでもないと思います。

高校の同級生で普通の野菜だけでなくスイカとかも駄目って奴がいましたが数年たっても改善されていません。

私自身は全く好き嫌いがありません、小さい頃私の方から親が料理をしてる最中に味見と言って色々(調理前の切っただけの野菜とかも)催促してたそうです。
それにたまに残そうとすると「(野菜を)作ってくれた人のことを考えなさい」と怒られていました。

治せるようにもっと早いうちに手を打っておけば良かったですが今でもまだ間に合うと思いますので早めに治したほうが良いですよ。
小学生高学年か中学過ぎる頃に治ってないと恐らくその後も治らないと思います。

匂いや味が嫌なのか食べ物と思えないのか食感が嫌なのか分からないですが
野菜と分からないくらい細かくして料理するとか
何かの中に隠してしまう
匂いが嫌なら匂いを消す工夫をする
等でしょうかね

>担任の先生の対応も少し気になるのですが、今日残した人は明日の給食でおかわりできないから・・と言うらしいのです。次の日が大好きなカレーで他の友達がおかわりできてても徹底して「昨日サラダ食べれなかった(チャイムがなるまでに食べれていなくても駄目みたいです)から駄目だよ」と言われるらしく甘いかもしれませんが少し可哀想な気がします。

よくあるご褒美システムですね。勉強を頑張ったら何かを買ってあげると約束するのと同じです。先生なりの偏食を治すための作戦でしょう。
私からするとこれを可哀想だと思うことが理解できません確かに甘いです。

投稿日時 - 2005-07-16 12:26:08

お礼

私も魚介類がだめでいまだに食べれないのですが、小さい頃は親がきびしくいやいや食べさせられていました。その頃はがんばって食べていたのに大人になって自由になると全く食べれなくなりました。好き嫌いって克服できるものじゃないような気がします。が野菜は別で食べれないと栄養面で問題ありなので、おいしく(いやいやでなく)食べれるように工夫してみます。

投稿日時 - 2005-07-20 19:10:30

お子さんの「食べ方」に問題があるかもしれませんね。
兎に角、よーく噛んで、野菜の形がなくなるまで奥歯で磨り潰すように言ってみてはいかがでしょう。喉越しで食べれないのであれば、効果あるかもしれません。
生野菜が食べれるかどうかは、野菜ジュースを飲ませてみれば、わかると思います。
味なら・・・、食べれるようになった方が、今後のためだと思うので努力してください。

投稿日時 - 2005-07-16 11:46:57

お礼

野菜ジュースは飲みます。もっと小さい頃は野菜不足を補うために自家製生野菜ジュースを飲ませていました。生野菜でもトマトなど大丈夫なものもあり、だめなのはレタス、きゅうりなどなのでやっぱり食感なのだと思います。

投稿日時 - 2005-07-20 19:15:49

ANo.10

私は給食を「嫌いだから」と言う理由だけで残すのは賛成できかねますが(もちろんアレルギーがあるなら別です。無意識に避けて食べない場合もあるので、一応調べて見たほうが良いと思います)、せっかくなので夏休みを利用して生野菜を克服するようにしてみてはいかがでしょう?

私も給食の食材で苦手なものがありました。それは肉の脂身…というかカレーやシチューには脂身しか入ってない!!!でも何とか食べてました。それは私たちの口に入る為に犠牲になったブタ君たちのことを考えてです。殺された挙句「まずいから」残される為に生まれた命ではないです。

野菜も同じ。
農家の人が1から育て、給食にサラダとしてのぼるまで、一体どれだけの人がその野菜を扱ってきてるのでしょうか。イチから野菜を自分で作るのも良いですし、実際に農家などで収穫などのお手伝いを体験させてもらうと言うのも一つの方法だと思います。
また給食を作る方も、献立を立てる方も子供たちのことを思って出来たサラダです。

自分ひとりが残すことで、一体何人の人が悲しい思いをするのか、親子で考えてみては?私は小さいころ食事を残すとそうやって言われてました。私は白ご飯もあまりたくさん食べれなかったのですが「お米を作ってる人は悲しいよ」といつも言われてました。
おかげさまで今では好き嫌いナシで、出されたものは何でも食べますよ。
何の為の「いただきます」なのかも考えるといいのではないでしょうか?(犠牲になった食物、作ってくれた人への感謝の気持ちですよね?)
また、うちは母が好き嫌いが多く、外食のたびによけて食べているのを見て「恥ずかしいなぁ」と思ってたから余計「自分は好き嫌いをなくそう!」と思ったのかも。実際1年生の頃はしいたけが苦手でしたが、克服しましたし。もし親御さんに好き嫌いがあるなら一緒に克服しましょう。

後、ご家庭で工夫されるとしたらサラダとしてだけではなく、サラダパスタやサンドウイッチの具としてサラダを入れるというのはどうでしょう?生野菜だけではないので少しは食べやすいかも…。野菜も小さめに切っておくといいかも。
もしくは野外で食べるなど気分を変えてみると案外食べれたりします。
ちなみに我が子は普通の野菜サラダはそんなに好きではないのですが、野菜スティックにしてグラスに立てて、別にソースを添えてあげると喜んで食べてます。切り方・盛り付け方で食欲が全然違いますので、まずは「生野菜を食べられた」と言う自信を持たせることからはじめるといいかもしれませんね。

またチャイムが鳴り終わるまでに食べないといけないのであれば、余計プレッシャーがかかるかと思います。私は食べるのが根本的に遅かったので、いつもチャイムが鳴っても食べてました。
この辺は担任と相談して「チャイムが鳴り終わっても完食すればOK」と言う程度まで緩めてほしいものですね。1年生なら単純に食べるのに時間が掛かる子もたくさんいると思うのですが…。

まぁ1年生で食べれない食材も6年生になる頃に食べれるようになることもありますけどね。我が家は家庭での栄養管理に自信がないので、最低限給食だけはきちんと食べてと子供に言ってます。
せっかくの夏休みですから、一つでも克服できることがあるといいですね。

投稿日時 - 2005-07-16 11:08:09

お礼

よいアドバイスありがとうございます。夏休みになったので少し家庭で工夫してがんばってみます。
アレルギーの件はあまり考えた事がなかったのですが、給食中も何度かもどしたことがあるみたいなので一度調べてみます。

投稿日時 - 2005-07-22 16:30:27

ANo.9

私は食べられないものがある子をかわいそうに感じます。
大人の女性でも食べず嫌いが残る場合があります。

親の責任でしょ。

初めは食べられないものを,食べられるようにするのは。

栄養だけを考えれば,それでいいの?この世の楽しみをきちんと教えてください。学校でも食の指導をしますが,家庭が一番ではありませんか,みなさん。

投稿日時 - 2005-07-16 10:46:17

お礼

別に学校に任せきっている訳ではありません。家庭での指導が一番という考え方もわかります。だからといってえずいてもどしているのに無理強いして食べさせるとよけい嫌いになるのではないかと考えているだけです。
大人でも好き嫌いのない人の方が少ないし、嫌いなものを食べれないから世の中楽しくないとも思っている人も少ないと思いますが・・・。私の親は厳しいくらい食にうるさくて嫌いなものでも無理やり食べさされていましたが、今でも大嫌いで絶対に食べません。親は食べさせようと努力したのに結局私は食べれないままです。食の好き嫌いは親の責任だでの問題ではないように思います。

投稿日時 - 2005-07-22 16:39:15

ANo.8

先生がそんな対応してたら、子供はなおさらサラダが大嫌いになるし、学校側が個人の嗜好にまで口出す無知を、母親がきちんとした対応をするべき。
先生というのは、いつのまにか学校で小さな子供たちに君臨して、大人社会では気弱な先生が子供の前では権限ふりかざす勘違い君がいます。
そこを親が毅然と見抜かなかったら、ホント子供が被害者になって可哀想です。
食べられないものは食べられないのです。
学校の意味は勉強と仲間関係。
食事まで管理される事は、親の生活にも無意識に干渉してるという事を親は認識すべきと思います。
私の子供も牛乳が飲めなくて、無理に飲ませようとしたバカ教師が居たので「子供の栄養状態は親の責任なので家では私が管理してきちんとやってますので、干渉しないで欲しい。例えば生卵が栄養凄くあるとします。しかし先生は大嫌いです。それを飲まなければ罰を与える。先生、飲めます?」
と言いました。
その先生は理解してくれてその後無理には飲ませなくなりました。つまり当たり前の事に気づいてくれたのです。
たまにこういう問題があると、親は何故きちんと先生と話し合って対応しないのか不思議でなりません。
先生は学校からのマニュアルがあって、それを忠実に実行しようとするのですが、子供は家畜ではありません。
親しか子供を守る事は出来ないので、親さえきちんとした考えを持ち、持論を主張できるのなら毅然と対応できるはずです。
こういう問題がおきた時は、先生の責任に思えるけど、最終的には親の対応の悪さの責任です。
子供が苦しんでいるのだから、その実情を先生に報告して1対1で会って、ど真剣に話し合うだけです。
子供から見たら「私のお母さんって凄く頼もしい!」
って思うぐらいにね。

投稿日時 - 2005-07-16 10:39:50

お礼

おっしゃる通りです。私も同じ意見なのですが、何でも問題があるからって学校に乗り込んでたら「あそこのお母さんはすごい過保護」とか思われないかという気持ちがありました。他の人の意見でも甘いって書かれてるし・・そう思う人もいるという事ですよね。
でもやっぱり少しでも自分がこれは間違ってるって思うような事はきちんと話していかないといけないと思いました。
担任の先生と話合ってみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-22 16:44:58

ANo.7

お嬢さん、かわいそうですね。

ご家庭で本人もお母さんも努力しているが、それでも生野菜は食べられないということを、先生にお話してはいかがでしょうか。先生のほうもそこまで嫌いだとは思っていないのでしょう。

えずくまで嫌なものを無理やり食べさせはかわいそうです。しかも、それが食べられいせいで好きなおかずのおかわりができないというのは残酷です。先生の方は生徒に野菜を食べさせたい一心なのかもしれませんが、そのせいで生徒が通学したがらなくなるのでは本末転倒です。

これは現実的かどうかはわかりませんが...。あらかじめ給食のメニューがわかっているのでしたら、先生に話して、サラダのある日は温野菜を持たせてサラダの代わりに食べさせるということにしてはどうでしょうか。そして、おかわりのペナルティを帳消しにしてもらう、というのは無理でしょうか。

私は幼稚園の頃、給食のパンが大きくて食べきれませんでした。そして、ある日担任の先生に「食べるまでそこに残っていなさい」と言われ、他の生徒が帰るまで食べさせられ、その日以来、通園拒否になりました。と言っても、休ませてはもらえず、毎日泣きながら、祖母にひきずられるようにして通園していました。

幼い頃の記憶ですのではっきりはしませんが、その後しばらくしてから、主任先生が給食の度に私のところに来て、パンを半分にしてくださったのを覚えています。次の年、担任の先生が替わってからは通園できるようになりました。

投稿日時 - 2005-07-16 10:34:50

お礼

ありがとうございます。気持ちがわかってもらえた様でなんだかうれしくかったです。担任には家庭訪問の時に生野菜がだめで給食が不安だという事は相談済みなのですが・・。とにかくもう一度担任の先生と話し合いをしてみてるので、その時にアドバイス頂いた温野菜の件を話してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-22 16:52:25

ANo.5

先生もそこまで言わなくてもいいような気がしますね・・・。
一度担任の先生と直接お話した方が良いかもしれません。

そして以前何かで読んだことがありますが、自分が畑などから直接採集したものだったりすると、野菜が食べられない子でも食べられるようになるそうです。

これから夏休みに入るでしょうから、この機会にお近くにそのような場所があったら行ってみてはいかがでしょうか。(ネットで検索すればたくさんヒットします)

無理矢理はいけませんが、まだまだこれから改善する余地はあるかと思います。

投稿日時 - 2005-07-16 10:22:27

お礼

ありがとうございます。昔おじゃ魔女ドレミでそういう話があったのを思い出しました。確か・・嫌いなおいもを収穫して食べたらおいしかった・・みたいな。
最近主人の父が定年後小さいながらに畑を借りて野菜作りを始めたのです。今までもらうばっかりで手伝いに行った事がなかったのですが、夏休みに一度収穫を手伝わせてもらいに行ってきます。

投稿日時 - 2005-07-22 17:06:03

ANo.4

おはようございます。

今はあまり学校でも無理強いはしないと思っていたのですが・・・。
我が子の学校では無理に食べさそうとはしないし、
もちろんそうだからといって、好き嫌いを大目に見るといったことでもありません。
量を減らして頂いて食べられるように努力はします。

給食が苦痛になって、学校に行きたくないとおっしゃるなんて本末転倒ですね。

先生は「野菜嫌い」と勘違いされているのかもしれません。
事情をお話になって、家庭でも努力していますとおっしゃればいかがでしょう?

生野菜のボソボソした感じがお嫌いなのかしら?
青臭いところでしょうか?

全く、給食が食べられない知人の子どもさんがいましたが、先生は無理することはないからとおにぎりを持たせることを許可してくださったそうです。

そのうち、少しずつですが食べられるようになりました。
それはやはり、無理やりでなかったからだと思います。

投稿日時 - 2005-07-16 10:20:42

お礼

そうですね。私も最近は無理強いしないと聞いていたので、1年生のうちは少しずつ慣れていけばいいと思っていたんです。やっぱり担任によってだいぶ事情が違うみたいです。若い先生、年配の先生・・考え方や子どもとの接し方もずいぶん違うなあと感じます。

投稿日時 - 2005-07-22 17:09:17

ANo.3

 嫌いな食べ物というのはたまにアレルギーであるのを無意識に体で察知して嫌いになることもあるので、一度アレルギー検査してみて野菜に何らかのアレルギーを起こす体質でないかどうか調べてみた方がいいと思います。

 アレルギーだった場合、生だとダメ、吐きそうになるというのもわかる気がします。生だと反応が大きくなるらしいんです。

 私も特定の果物がダメで、喉を通らず、無理に飲み込もうとすると吐きそうになります。

 もしアレルギーと決まれば、「無理に生野菜を食べると体に悪いから」と担任に生野菜の強要をやめてもらうことが出来ますし、お子さん自身も安心して学校に行けるでしょう。

 アレルギーでなかった場合は、見た目は悪くなりますが、汁物に入れて少し熱が通ったら食べるという方法があります。

投稿日時 - 2005-07-16 10:15:00

お礼

アレルギーですか・・考えてもみなかったですが、可能性はあるように思います。本当に喉を通らないという感じなのです。無理に大量に飲み込んだと時は何度もえずいてもどしたりもします。少し調べてみようと思います。貴重な意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-22 17:12:56

ANo.2

その先生の対応私もどうかと思います。先生は、何でも食べれるようになるようにと思って言って下さっているんだと思いますが、食べれない子は本当に食べれないんですよね。本当かわいそうでと思います。うちの子も食べれないんです。なんで食べれないの!?と思うのですが、本当むりやり食べさせたら、おえっとなってしまいます。本当給食&学校嫌いになりそうでかわいそうですよね…試しに、家庭菜園で野菜を子供さんといっしょに作ってみられたらどうでしょう?自分で作った野菜だったら少し食べる気が出てくるかもしれませんよ!実際うちの子はそれでトマトは克服しました!本当子供さんの事を思うとうちの子をみてるようで、涙が……がんばってください!!あとうちの子に言っているのは、給食は一番嫌なのからがんばってたべてごらんそしたら、あとはたのしく食べれるよ!と言ってます。それと家では、嫌なのを口に入れて、さっと好きなご飯等を口に入れたら何とか食べれるようになってきました。がんばって!!

投稿日時 - 2005-07-16 10:14:40

お礼

ありがとうございます。同じ悩みの方がいると知ってすごく励みになりました。家庭菜園は幼稚園の頃に試してみました。同じくミニトマトなどです。ミニトマトは食べるようになりました。きゅうりやピーマンはだめでしたね。でもあの頃より食べることに関したら随分前向きになってきているので、秋くらいにもう一度家庭菜園をやってもいいかな・・と思いました。

投稿日時 - 2005-07-22 17:17:09

食べられないものを無理やり食べさせることが
必ずしも良いとは思いません。
ご存知のように食物アレルギーというものもありますし
(生野菜アレルギーってのがあるかどうかはわかりませんが)
生理的に受け付けないものは、これは仕方がない気がします。

ご存知のように生野菜は量の割に栄養素が補えません。
煮たり火を通すとビタミンCが減少すると言われていますが
煮野菜で量がしっかり取れればそれも問題ありません。
そこはお家の夕飯の献立でカバーしたりできますから
無理から食べさせると、逆に本人がつらくなります。

年齢が上がってくると、味覚も替わってきますので
今生野菜が食べられないからといって
家で無理やり食べさせなくてもよろしいかと。


ちなみに私もチーズが食べられなくて、残されたクチでした。(笑)
大人になった今でも食べられませんが
いまだに小学校の頃無理やり口に押し込んだ
強引なバカ教師の顔は忘れられませんね。

投稿日時 - 2005-07-16 10:07:13

お礼

私と同じ意見で安心しました。違う意見の方も多いので食べれなくなったのは『親の責任?』みたいに思ったりして正直へこんでしまっていました。
私も給食で居残りさせられたクチでした。高学年になると悪知恵が働くようになって、パンにはさんでナフキンにくるんでこっそり持って帰ったりしていましたよ。他の事はあんまり記憶に残ってなくても給食のことはなぜか大人になっても覚えてたりしますよね。

投稿日時 - 2005-07-22 17:25:33